顔シミ ビタミンC

ビタミンCはシミに効果的なの?

ビタミンCはお肌にいいって聞くけど、どんな風に効果的なの?

 

お肌は乾燥や紫外線といったストレスにさらされると、お肌の新陳代謝が遅れ、しみやシワの原因になります。

 

ビタミンCはこうした
外的ストレスに強いお肌を作ってくれる要素
があります!

 

具体的にはこうです。

 

抗酸化作用

鉄が錆びるのと一緒で、人が酸素に触れると老化する!なんて聞いたことないですか?人は誰でも老化しますが、その原因の一つが活性酸素。

 

体の細胞から活性酸素が排出されて、体が錆びて行きます。ビタミンCはこの老化原因活性酸素を抑制するから、お肌も若々しくなって、しみができにくくなります。

 

コラーゲンを生成

肌の弾力はコラーゲンで決まります。ビタミンCはそのコラーゲンを生成してくれるから、肌のハリが良くなって、しみやしわも解消してくれます。

 

メラニンを抑制する

ビタミンCはしみの原因となるメラニンを抑制してくれます。

 

また。過剰に作られたメラニンがお肌から排出しきれないと、色素沈着してしみになりますが、ビタミンCはこの排出されないメラニン色素を普通の色素に戻す働きがあります。

 

美白の人は、意識的にビタミンCを摂取している人も多いですよ。

 

どれくらい摂取すればいいの?

ビタミンCの摂取量の目安は1日1500mg以上です。普段摂取するビタミンCのおおよそ10倍くらいですね。

 

ビタミンCを摂取するとしみが薄くなったりできにくくなる他に、インナーサンスクリーンといって、日焼け止めにもなります。

 

ただ、ビタミンCは水に溶けやすいから、摂取しても尿で排出されやすいです。対策としては、一度に1500mgを摂取するのではなくて、数回に分けて摂取すると体が取り込みやすくなります。

 

体に悪くない?

「ビタミンCを摂り過ぎるのは体に良くない」という感じもしますが、ビタミンCは普段の活動以外にも疲れやストレスでもどんどん消費されていきます。

 

ビタミンCには副作用が一番小さいと言われているビタミンで、尿としても排出されやすいので、多く摂ることに支障はありません。

 

もちろんお腹が弱い方は別ですが、一般的に一日1万mg摂取しても大丈夫と言われています。

 

よく、「ビタミンCがレモン10個分!」とか書いてある商品を見かけますが、それで体に問題が出ることはないのです。

 

ビタミンCはしみに効果的。一日1500mg以上を目標に摂取しましょう!

 

ビタミンC以外の美白に導いてくれる成分

ビタミンE

しみやお肌のくすみを改善してくれる効果があります。市販の美白医薬品やサプリメントにも配合されていることが多いですね。

 

ビタミンEを多く含む食材(wikiより)

  • ひまわり油、コーン油、オリーブ・オイル、キャノーラ油、大豆油などの油脂類
  • アーモンド、ラッカセイ、大豆などの種実類
  • キャビア、いくら、たらこなどの魚卵類
  • 青魚
  • マヨネーズ

 

L-システイン

ビタミンCと一緒に働いてメラニンの生成を抑える働きがあるアミノ酸です。美白効果にとっても優れていて、しみ改善用の医薬品やサプリメントに使われています。

 

トラネキサム酸

しみ治療で美容外科や皮膚科で処方される成分です。優れた美白効果があります。

 

 

しみができにくい肌質に改善したい方はこちら

しみを10日で改善したい方はこちら

今すぐにしみを隠したい方はこちら

 

知っておきたいシミのこと

隠れシミには要注意!

普段は「保湿」をすれば大丈夫!

シミの種類はこの3つ

日焼け止めは最大のしみ対策

日焼け後はどんなしみケアをすればいいの?

ビタミンCはシミに効果的なの?

顔のしみに男性は厳しい?

どうしても顔のシミが消えない時は?

美容パックはこんな時に使う

生理中と出産後、シミができやすくなる?

エステやクリニック利用の仕方

これからはアミノ酸ブーム?

トレチノイン・ハイドロキノン治療の顔しみへの効果

 

使って良かった!美白コスメ