顔しみ 保湿

普段は「保湿」をすれば顔のシミは大丈夫

普段から顔のしみを作らないためには、とにかく

 

保湿

 

しかありません。

 

すでにできちゃったしみはシミ対策専用の化粧品で取りますが、まだしみができていないお肌やしみが消えた後は、保湿力がグンと高い美容液で保湿してあげます。

 

なぜかというと、しみは乾燥肌にできやすいから。

 

冬の低湿度や紫外線をたっぷり浴びちゃったお肌は、バリア機能が低下して水分が逃げて乾燥します。

 

乾燥したするとお肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーが滞ってメラニンの排出がうまくできなくなります。その結果しみになって顔に残ります。

 

私は、シミが取れた後も「これでもか!」ってほど保湿しています(笑

 

水分量

体内の水分量ってどれくらいだと思いますか?

 

赤ちゃんは75%、成人60%、老人は・・・50%。

 

加齢とともにどんどん水分量が減って行くのですね。

 

これはお肌にも言えることで、

 

水分量が減ると小ジワができたりシミになったりして顔に現れます。

 

若いお肌は水分量が高いからふっくらしています。でも老人はシワシワ。やっぱり「保湿」って大切なんですね(≧∇≦)

 

しみができにくい肌質に改善したい方はこちら

しみを10日で改善したい方はこちら

今すぐにしみを隠したい方はこちら

 

知っておきたいシミのこと

隠れシミには要注意!

普段は「保湿」をすれば大丈夫!

シミの種類はこの3つ

日焼け止めは最大のしみ対策

日焼け後はどんなしみケアをすればいいの?

ビタミンCはシミに効果的なの?

顔のしみに男性は厳しい?

どうしても顔のシミが消えない時は?

美容パックはこんな時に使う

生理中と出産後、シミができやすくなる?

エステやクリニック利用の仕方

これからはアミノ酸ブーム?

トレチノイン・ハイドロキノン治療の顔しみへの効果