旭研究所の業務用ハイドロキノン原液で顔のシミを消した体験談

旭研究所の業務用ハイドロキノン原液で顔シミを消しました

結局合計4年間ぐらいかけてのんびり消した顔のシミ。

 

私は旭研究所の業務用ハイドロキノン原液を使っていました。その方法と体験談をご紹介します。

 

 

現在20代女性ですが、最近ようやく気になっていた顔のシミが完全になくなったことを嬉しく思っているところです。

 

元々そこまで第三者から見て目立つようなシミではなかったと自分では思いますが、本来消えることがないと思っていたシミを半分自力で消し切ったことを嬉しく思います。

 

時間をかけたら結構できることなのです。

 

シミの状態

顔の左側の目の少し下の位置にあったシミですが、ホクロぐらいの大きさで、丸い形をしていました。

 

良くある歪な形のシミではなく、かなり丸に近い形のシミで、薄いのですが、ファンデーションを塗ってもやはり消えることはないぐらいの濃さはありました。

 

原因は不明ですね、気づいたら何年も前からあったのです。

 

恐らく子どもの頃は肌のターンオーバーも良かったのでシミとは無縁だったのだと思いますが、長年日焼け対策していなかったせいで蓄積されたものが肌に出てしまったのかもしれませんね、20代でシミは早い方な気もしますが。

 

20歳の頃から地味に気になってはいたものの、当時の私にはシミを消すためには化粧品に頼るしかない、美容皮膚科などに行くのはハードルが高く、もっとお金を稼いでいる大人が行くもの、というイメージを勝手に持っていました。

 

実際はあまりハードルが高くない場所だと後から友達や自身の経験を通して知ることになったのですが。

 

使った美白化粧品

しばらくはとにかく「美白」と書いてある化粧水や乳液、ときには1000円程度の「美白美容液」と書いてあるものを適当に片っ端からドラッグストアやスーパーで手に入るものをスキンケアとして毎日使っていました。

 

一番長く使っていたのが資生堂のアクアレーベルというシリーズですね。青いボトルに入っている美白ラインの化粧水と乳液を使っていました。<<こちら>>

 

しかし、いくら「シミやそばかすを予防」と書いてあっても、あくまでも「予防」に効果的なだけであり、もうできてしまったシミを消すことにはやはり効果がありませんでした。

 

薄くなることもありませんでした。

 

さすがに顔に日焼け止めを塗る習慣も徹底していたので新しいシミができることはありませんでしたが。

 

美容皮膚科に行ってみた

そこである日、大学生のときに台湾に交換留学していた際、友達が
「ホクロを取りに行くんだけど一緒に行かない?」
台北市内にある美容皮膚科に行かないかと誘ってきたのでした。

 

レーザーを顔に当てるなんて痛くて怖いのではないかと心配でしたが、友達はもう経験者で何度も行っているようでした。ちょうど顔にホクロがいくつか私もあったので、それと一緒に気になっていたシミもとってもらおうと思って友達と一緒に美容皮膚科に行きました。

 

実際行ってみたらなんとホクロをとるために来ている小学生もいたぐらいで、ホクロやシミをとるためのレーザーは誰でも気軽にやるものだということを知りました。

 

きっと台湾の方が日本よりも当たり前なのでしょうね、ホクロの位置やホクロの占いなどにこだわりがある人たちですから。

 

麻酔クリームをホクロやシミの部分に塗ってサランラップでカバーしておいて、30分ぐらい待った後には施術室に案内され、目だけをカバーされてレーザーが当てられました。

 

確かホクロをとるためのものとシミをとるためのものでは違うタイプのレーザーだったと思います。

 

ホクロの方は4つ取りましたが、約1万円ぐらいでした。シミの方は1つで2000円ぐらいでした。きっと日本よりは安いのだろうなと思っていましたが、日本でやったことはないので分かりません。

 

ホクロに当てたレーザーは深くまで当てられましたが、シミのレーザーは結構浅い弱いものだったのだと思います。肌にできた瘡蓋が落ちた後、すぐにほぼもと通りの状態に戻ってしまいました。気分的に少しだけ薄くなったかならなかったぐらいで、お金の無駄だったかもしれない、とそのときは思いました。

 

そしてそれから大学卒業まではいつも通りアクアレーベルの化粧水を使い続けていただけで、特にシミに変化はありませんでした。ときには同じアクアレーベルの美白パックを一ヶ月に一度ぐらいのペースで試していましたが、何も効果を感じることはありませんでした。

 

ハイドロキノンを使ってみた!

そしてやがて今から二年前、ハイドロキノンという成分が美白やシミに即効性があるという美容の記事をネットで見かけました。肌のターンオーバーを大幅に促進してくれ、メラニン色素を抑えてくれる働きがあるそうです。

 

口コミでもハイドロキノンのクリームを塗ったら肌が剥けるような感じがしたがシミが消えた、と書いている人がいたので自分でもやってみようと思い、最初はクリーム状のハイドロキノンを3000円程度でアマゾンで買おうと思っていましたが、近所の雑貨屋さんで1706円でハイドロキノン原液が売っていました。<<こちら>>

 

 

旭研究所から出ている「業務用ハイドロキノン原液」ですが、液体状のものなので自分で綿棒で毎晩化粧水の後に少量シミに塗っていました。これは去年の春ぐらいから始めたことです。

 

ハイドロキノン原液の効果

三ヶ月繰り返し、肌が剥けるようなヒリヒリ感があり、少し休むことにしました。そしたら地味にシミが薄くなっていたことに気付きました。

 

肌が剥ける感じが嫌だったので今年の春まで休んでいましたが、また思い出して使いだし、また三ヶ月継続しました。そしたら夏の間にはもうかなり目立たなくなるまでシミが薄くなりました。

 

しばらくまた休み、今から二ヶ月前にまたハイドロキノンを塗る習慣を再開しましたが、二週間ぐらい前にはもう完全に消えていることに気付き、もうシミ退治は完了しました。

 

即効性と言っても一瞬ではないですが、美白化粧水や美容液などよりはずっと効果を感じることができた、少しヒリヒリするハイドロキノンでした。

 

これからはシミ予防も

安く済みましたが時間もある程度かかり、面倒でしたがシミは消えて良かったです。

 

結局レーザーを当てたときを含めると約4年間かけてシミを消したことになります。これからもシミができないように日焼け止めだけはしっかり毎日塗るようにしています。

 

使って良かった!美白コスメ