日焼け後のケア

日焼け後はどんなしみケアをすればいいの?

日焼けの後はメラノサイトからメラニンが大量放出!されています。

 

お肌が黒くなった後、新陳代謝でメラニンが排出されていくけれど、代謝が鈍るとメラニンが残ってシミになります。そうならないために、日焼け後はお肌をケアしてしみを防ぎます。

 

方法はこの3つです。

 

しみは出来始めが肝心。

 

1ヶ月以上経過するとシミがお肌の奥に浸透して取りにくくなるので、早く肌ケアしていきましょう!(*'‐'*)

 

ビタミンCを摂る

ビタミンCはしみを薄くしたり、メラニンを抑制する効果があります。1日1500mg以上が理想なので、1日数回に分けてビタミンCを摂取して、体の内面から対策します。

 

睡眠を取る

睡眠中は人間の体を維持成長させてくれる成長ホルモンが分泌されます。体が成長したり、疲労回復したりできるのは、この成長ホルモンのおかげです。夜10時から2時の4時間が船長ホルモンが最も分泌される時間帯で、俗に「ゴールデンタイム」って言われています。

 

この時お肌の新陳代謝も行われるので、十分な睡眠を取ることでしみができにくくなります。逆に、睡眠不足や夜更かし、ゴールデンタイム以外の睡眠は効果が薄くなります。

 

日焼け後用の商品を使う

こちらは、日焼けをした後専用のローション。>>こちら

 

日焼けはやけどと一緒。やけどに有効な成分が入っているこの商品でケアします。ビタミンCは体の内面から、ローションは外面からそれぞれシミ対策をすると効果的ですよ!

 

日焼けしたら、すぐにシミ対策をする。
体の内外面の両方からケアする

 

しみができにくい肌質に改善したい方はこちら

しみを10日で改善したい方はこちら

今すぐにしみを隠したい方はこちら

 

知っておきたいシミのこと

隠れシミには要注意!

普段は「保湿」をすれば大丈夫!

シミの種類はこの3つ

日焼け止めは最大のしみ対策

日焼け後はどんなしみケアをすればいいの?

ビタミンCはシミに効果的なの?

顔のしみに男性は厳しい?

どうしても顔のシミが消えない時は?

美容パックはこんな時に使う

生理中と出産後、シミができやすくなる?

エステやクリニック利用の仕方

これからはアミノ酸ブーム?

トレチノイン・ハイドロキノン治療の顔しみへの効果

 

使って良かった!美白コスメ